就活家族第2話ネタバレ感想!あらすじや視聴率、ネットの反応!前田敦子が枕営業?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
就活家族

就活家族の第2話が1月19日に放送されました!

成宮寛貴さんの薬物疑惑からの芸能界引退で、良くも悪くも話題になっていた就活家族、12日放送の第1話は視聴率11.0%とまずまずの滑り出しを見せましたが・・・第2話の内容やあらすじはどんなものだったのでしょうか?

三浦友和演じる洋輔がまさかのセクハラ疑惑で、役員昇進はもとより社員としての地位すら危ぶまれてしまうという最悪の状況に陥ってしまうのですが・・・

一体どうなってしまうのか?この記事では就活家族第2話のネタバレ感想や、あらすじ、視聴率、ネットの反応についてまとめていきます!

スポンサーリンク

就活家族第2話ネタバレ感想とあらすじ

鉄鋼メーカー大手の日本鉄鋼金属。富川洋輔(演:三浦友和)は人事部長として新卒採用からリストラまで業務に忙殺される日々。そんな中で早期退職の相談を持ち掛けてきた女性社員の川村優子(演:木村多江)に裏切られ、セクハラ行為の汚名をきせられることに。

社長の的場(演:中丸新将)に呼び出された洋輔は、「彼女(川村)を説得できないのならば、役位昇進はおろか、社員としての立場さえ危なくなるぞ。」と忠告されてしまいます・・・

優子を問いただすも突き放され、社内での立場を失う洋輔

 

セクハラにはもちろん身に覚えのない洋輔。しかし社長に「優子を説き伏せて立場を明らかにしろ!」と言われてしまったので、洋輔はなんとかセクハラ疑惑を払しょくするためにも優子に近づく。しかし「もう付きまとわないでください。」と言われてしまい・・・

とうとう人事担当の常務執行役員である織部から自宅待機を言い渡されてしまう。役員昇進はおろか社内での立場がグラつく洋輔・・・

そのころ娘の栞は・・・?

会社でのセクハラにうんざりしていた長女の(演:前田敦子)は、彼氏の真壁雄斗(演:渡辺大)が社内で手をまわし、外商部一課への異動が現実味を帯びていた。課長の中原綾子(演:山本未來)は二人の関係を察したものの、栞はお構いなしの様子。むしろ雄斗への感情は高まりつつあったのだが・・・雄斗には別のねらいがあるようにも見える描写が・・・

そして・・・ピンチ?婚活パーティーで枕営業を強いられることに・・・!?

息子の光は怪しい就活塾に入るが・・・国原に丸めこめられる?

一方で国原耕太(演:新井浩文)が主催する怪しすぎる就活塾に高額の費用を支払って入塾した長男の(演:工藤阿須加)。しかし日々の塾での活動はマラソンにトイレ掃除と・・・不信感が募る光でしたが、国原に説き伏せられ、別の教材を購入してしまうなどドツボにハマっていました・・・。

洋輔、日本鉄鋼金属を退職!!

そして一家の大黒柱の洋輔は日本鉄鋼金属を退職します!

もう居場所が完全になくなってしまった上、優子からまさかの働き口の勧誘もあり・・・いずれにしても家族に退職を切り出せず、出社するふりをしてカフェや公園に出向く洋輔でしたが・・・偶然出会った天谷五郎(演:段田安則)が同じ境遇と知り・・・

結局、会社からは非常な通達が出せれ退職を余儀なくされる洋輔だったのです。

次週・・・いよいよ家族がぶっ壊れそうです・・・!!!

スポンサーリンク

就活家族第1話視聴率は?

こちらは発表され次第まとめさせていただきます。

就活家族第1話のネット上の反応・・・やっぱり怖いって!

まとめ

いかがでしたか?

相変わらずの鬱展開・・・

これどうなん?明日も仕事だけど、はっきりいって観る気無くすよね?

でも観ちゃうっていうww

スポンサーリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す