がっつり食おうぜ!男の肉汁つけうどんの超簡単レシピ【ネギまみれ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
肉汁つけうどん

こんにちは!元バッパーです!

昨日の朝のことですが、妻が突然「朝ごはんさぁ、何でもいいから作って!」と言い出したので、冷蔵庫にある食材で‘‘ちょっとうまいもん作ったろか‘‘とパパっと作ってみました。まあうどんですけどw

だがしかし侮るなかれ!つけ汁にちょっとひと手間加えることで、そのへんのうどん屋で食べるような、がっつり肉汁つけうどんが出来上がるんです!!

ということで先日のメキシカンよりも遥かに簡単で、調理時間も正味20分の激ウマお手軽うどんのレシピを紹介しちゃいます!

スポンサーリンク

材料(ちょっと多めの2人分)

  • うどん(乾麺)・・・・・・・・・・3束、今回はトップバリューのさぬきうどんを使用
  • めんつゆ・・・・・・・・・・200mlくらい、今回はトップバリューの和風つゆを使用
  • 和風だし・・・・・・・・・・適量(結構どばどば)、今回はトップバリューの和風だしを使用
  • かつお節・・・・・・・・・・2袋、今回はトップバリューのかつおパックを使用
  • 豚小間切れ肉・・・・・・・・・・100gくらい
  • 長ネギ・・・・・・・・・・小さめ2/3本くらい
  • 玉ねぎ・・・・・・・・・・1/3個くらい
  • ショウガ・・・・・・・・・・適量、チューブ入りのものを使用
  • いりごま・・・・・・・・・・適量(お好みで)
  • ごま油・・・・・・・・・・適量

ということで我が家はトップバリューもといイオンさんにお世話になりっぱなしです!!いつもありがとうございます!!

とまあ、材料はこんな感じなんですが、本当にざっくりで結構です。例えば豚小間切れ肉じゃなくて、牛肉でもとても美味しいと思いますし、肉じゃなくて油揚げを入れてみても良いでしょうし、ネギが嫌いな方はネギ抜きでもいいんじゃないでしょうか?

まあうちの場合、妻が無類のネギ好きなので・・・今回は大量投入してみました!!

手順

大きめの鍋で、うどんを茹でるためのお湯を沸かしておく。

ネギの白い部分を細かく刻む。

長ネギの白い部分を細かく刻む

 

こんな風に切り込みを入れて、輪切りにしていくのがおすすめ!

切り込みを入れた長ネギの白い部分

 

ネギの青い部分は薄い輪切りにする。

ネギの量は2人でこのぐらい!薬味として使うネギの青い部分と、先に炒める白~うっすら青い部分に分けておく!

刻んだ長ネギ

 

つけ汁用の鍋にごま油を適量入れて、豚小間切れ肉、ネギの白い部分、うっすら白い部分、ショウガを入れて中火~強火で炒める。

ごま油で豚小間切れ肉、ネギ、ショウガを炒める

 

具材に十分火が通ったら、めんつゆ:水=1:2の割合で入れて煮立たせる。

つけ汁を煮立たせる間にうどんを茹で始める、ゆで時間はパッケージの記載通りに。

うどんを時間通りに3束茹でる

 

さらに玉ねぎを細かめのみじん切りにしておく。

細かくみじん切りにした玉ねぎ

 

つけ汁が煮立ったら、和風だしとかつお節と入れて、火を若干弱めて引き続き煮ていく。

かつおぶしと和風だしを加えたつけ汁

 

コンロを2つ使うのでこんな感じ。いよいよ仕上げ!

うどんとつけ汁をともに火にかけている様子

 

うどんが茹で上がったら、ざるにあけて、冷水で締める。

うどんを皿に盛り、つけ汁を器に注いだら、薬味のネギ、みじん切りにした玉ねぎ、いりごまを乗せて完成~!

がっつり肉汁つけうどん

 

こんな感じで正味20分くらいで出来ちゃいます。もちろん手際よくやらないといけないかもしれませんが、そこは男たるもの習うより慣れろ。キッチンに立つ男の後ろ姿はかっこいいらしいですからねw

そうはいっても結構テキトーでOKです。かつおぶしや和風だしを入れるタイミングも全然守らなくてもいいと思いますし、生の玉ねぎの辛味がダメという人は、つけ汁に入れて軽く火を通してあげたりと・・・お好みに合わせていろんな工夫ができますよ!

さてさて!つけ汁があっつあつのうちに、早速いただきましょう!!

食らう&まとめ

肉汁つけうどんを箸で持ち上げたところ

刮目せよ!肉とつけ汁を身にまとった純白のうどんを!!

いかがでしょう?水でしっかりと絞めたことで強いコシが出たさぬきうどんに、肉と魚介のダシのダブルパンチが力強いつけ汁。麺をつけ汁にくぐらせて持ち上げると、具材の肉、ネギ、玉ねぎがつけ汁を十分に吸い上げてくれます。一気に口に運ぶと・・・

うま~~~!!!

と、夫婦ともども歓喜の声をあげましたw

なお麺は冷たく締めているので、つけ汁が冷めてしまうのが嫌だという人は、始めからつけ汁を多めに作っておいて、冷めたら足していくと最後まであったかく食べることができますよ!

ということで、今回は「男の肉汁つけうどん・ネギまみれ」のレシピをご紹介いたしました。是非ともお試しあれ~!

スポンサーリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す