スクールガーディアンとは?仕組みや鍵垢は?Twitterやlineでのネットいじめパトロール!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スクールガーディアン

皆様はスクールガーディアンという言葉をご存知ですか?

スクールガーディアンとはTwitterなどのソーシャルメディアのモニタリングなどを手掛ける民間企業であるアディッシュ(株)が提供するサービスです。

学校生活での友人関係を築くツールとして、もはや手放すことができないTwitterなどのSNS。もちろん有効に利用すれば問題はないのですが、どうしてもトラブルが絶えず、いじめの温床になってしまうという負の側面もあるわけですが・・・

この記事では話題のスクールガーディアンの仕組みや、鍵垢(鍵付きアカウント)でも対応が可能なのかといったことについて徹底調査していきます。

スポンサーリンク

スクールガーディアンとは?

スクールガーディアンとはアディッシュ(株)が手掛ける学校向けサービス。

Twitterなどネット上での悪口やいじめといった、生徒同士のトラブルなどを監視・モニターするサービスで、いわゆる「裏サイト」といった学校側も把握することが難しいネット上のサイトへの書き込みなどをパトロールしています。

サービス自体は2007年にスタートしており、2009年以降は契約する学校の数も増加。公式サイトによると、私立学校の導入数は他の類似サービスと比較してトップだということで、

スクールガーディアンは全国の私立学校180校以上が導入しており、全国でNo.1の実績のあるサービスです。

スクールガーディアン

という記載もありました。

スクールガーディアンが話題になった理由は?

スクールガーディアンが話題になっているのは、2月6日に放送されたバラエティ番組「好きか嫌いか言う時間」で取り上げられたことがきっかけです。

現役中高生と教育者が大激論!ということでTBSで放送された同番組、坂上忍さんやメインMCで放送されており、今回の特集では青山学院大学を箱根駅伝3連覇に導いた原晋監督などが出演されました。

そこで上の動画のようにアディッシュ(株)の社員が出演され、スクールガーディアンについて話題が触れられると、ネット上には

  • まじかよ!
  • うちの学校も監視されてるじゃん!
  • 鍵垢(鍵付きアカウント)どうやってこじあけるんだよ!

といった声が広がりました。

鍵垢もこじ開けるスクールガーディアンの仕組みは?

番組ではアディッシュ(株)の担当の方は、「(スクールガーディアンの)仕組みは言えない、企業秘密」と答えてらっしゃいましたね。

そりゃそうです、ビジネスの根幹というかコアの部分の仕組みを公にするわけにはいかないでしょう。

ただいずれにせよ、

  • 鍵垢のつぶやきなども見ることができる
  • ネットで炎上する前に本人に忠告できるように使っている

ということですので、もちろんこのスクールガーディアンという仕組みは学校側にとっては少なくない費用を払ってでも、問題を未然に防ぐことができるので、選ばれて導入されているということですね。

まあここから素人の考えなのですが、スクールガーディアンが鍵垢の内容もモニタリングできる理由としては、

  • キャッシュ(ネット上に残っているデータ)などを利用してアカウントをモニターでしている
  • 実際に鍵垢をフォローして内容を閲覧できるようなプログラムを運用している

といったようなものが考えられますね。

このへんはプライバシーなどの考え方もあり、なかなか難しい問題ではありますが、そこは一企業の信頼やこれまでの実績というところで、スクールガーディアンが選ばれているということでしょうね。

実際、実態把握の難しい生徒のネット上での書き込みやいじめなどは、学校側としてもなんとしてでも把握したいものですし、その学校に通う親御さんとしてもスクールガーディアンが導入されている学校の方が安心できますよね。

スポンサーリンク

スクールガーディアンへのネットの反応は?

まとめ

いかがでしたか?

話題のスクールガーディアンについてまとめてみました。

僕が学生のときはホスラブという掲示板が荒れ狂っていたのを思い出しましたw

いろいろ大変な世の中ですね~(適当)

スポンサーリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す