なぜ?市川海老蔵突然のファンクラブ結成!その裏に巨額の借金問題!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
市川海老蔵

歌舞伎役者の市川海老蔵さん。過去には「半グレ」とのつながりからの暴行事件や、最近では妻の小林麻央さんの乳がんでの闘病と、話題に事欠かない海老蔵さんですが・・・

今回のニュースは歌舞伎界でも、異例のファンクラブ結成ということで非常に話題になっています。そもそも歌舞伎界はいわゆる「後援会」型の組織が主流である中で、海老蔵さんのファンクラブ「THUNDER PARTY!」が突然発足したわけです。

なぜこのタイミングでファンクラブを結成したのでしょうか?そしてファンクラブの目的は?その裏には成田屋の巨額の借金問題があるのです。

2016年12月12日、市川海老蔵ファンクラブ「THUNDER PARTY!」に入会してみました。結末はこちらです。

市川海老蔵のファンクラブに入ったら衝撃の結末が待っていた。

スポンサーリンク

市川海老蔵ファンクラブ「THUNDER PARTY!」とは

2016年12月6日、市川海老蔵さんの39歳の誕生日に合わせ発足したファンクラブ「THUNDER PARTY!」ですが、具体的にそのような組織なのでしょうか?まずはこちらをまとめてみました。

会員登録されたお客様は、会員限定のデジタルコンテンツの閲覧や各種キャンペーンに応募できるなど、特別な特典やオリジナルコンテンツをお楽しみいただけます。

当サイトについて|市川海老蔵公式ファンクラブ「THUNDER PARTY !」

公式サイトによると会員登録することで、限定のデジタルコンテンツが閲覧出来たり、各種キャンペーンに応募できるということで、海老蔵ファンにとってはかなりうれしいサービスになりそうです。これに加えて、

  • 会員証発行
  • 入会と会員継続時にはプレゼント
  • メルマガ配信
  • バースデーメール
  • 年1回の会報誌発行
  • 公演チケット案内
  • 各種イベント案内

などなどが予定されているということです。

で、肝心の料金ですが・・・

入会費:2,000円、年会費5,000円

ということです。これを高いと見るか安いと見るかですが・・・やはりオリジナルコンテンツが閲覧できるというのもファンとしてはうれしいですし、なんと今回のファンクラブオープニングイベントは定員100人のところ、なんと500人以上の応募があったことでも話題になっています。

このオープニングイベント、参加費が4,000円であったということなので単純に40万円の売り上げ、仮に500人全員をイベントに招待できたのであれば、200万円の売り上げが確保できた計算になりますよね・・・

このファンクラブの企画には、きゃりーぱみゅぱみゅさんの演出でも知られる増田セバスチャンさんが関わっているということなので、かなり費用もかけているので純粋な利益はどの程度になるのか何ともいえませんが、いずれにしても商売しようとしてる感じがプンプンします。

このニュースへの反応はこんな感じです。

市川海老蔵ファンクラブ結成ニュースへの反応

「別にいいんじゃないの。応援はしないけど」

「なぜ、人気があるんですか?」

「この人 大丈夫かな?と思う。色々な意味で。 演技力、いただけない。自覚 無いんだろうね」

「弁天小僧観たけど、下手くそだったわ。」

「他の名門の歌舞伎役者の人もあまり絡みたくないんじゃないの。やたら外回りばかりで」

「ネーミングセンスが昔の暴走族レベルですね。。。 どちらにしろ、発足は今じゃない気がするんですが?」

「関東連合との暴力事件はもみ消しに成功したのか?」

「歌舞伎も世襲っていうのがなあ、、、それさえ無ければ応援したいけど。 不公平な業界だよね。」

お父さんの借金返済もまだだし、奥さんの治療費もまだまだかかるんだろうから、仕方ないんじゃない? 投げ出して、また夜な夜な遊び歩いてお縄になるのより断然マシ。 どういう形であれ、努力してて、ましてや、不当な方法で巻き上げてる訳じゃないんだし。」

「かねがひつようなのね」

「お金がいるんだろうな」

「会費徴収したいんですよね。」

こんな感じ。一生懸命好意的なコメントも探しましたが、一番上に使わさせていただいた方のTwitterコメント以外は否定的なものしか見受けられませんでした・・・

やはりみなさんは成田屋の「お金の問題」についてコメントしており、今回のファンクラブ発足についても新たな金稼ぎなのではないか?という冷ややかなコメントが目立っています。

それでは市川海老蔵さんの巨額の借金問題についてまとめていきます。

スポンサーリンク

市川海老蔵の巨額の借金問題、いったいいくらなの?

さて、核心に触れていきます。市川海老蔵さんのお金の問題ですが、大きく分けて2つあります。

  • ひとつは先代の市川團十郎さんから引き継いだ「成田屋」の借金問題
  • もうひとつは妻・小林麻央さんのがん治療にかかる高額医療費の問題

それぞれについてみていきましょう!

「成田屋」の借金問題

まずは父・團十郎さんから引き継いだ借金問題です。

生前、團十郎さんは、親族が経営する不動産事業会社の借金の「連帯保証人」になっていました。

保証人はもし借金をした人や会社がお金を返せなくなったとき、代わりに返済する義務がありますが、「ただの保証人」と異なり、連帯保証人の場合は、

  • 返済する額の上限や責任の範囲が決まっていない(無限)
  • 「先に借金をした人やほかの保証人にお金を請求してよ!」と主張する権利がない(催告の抗弁権がない)
  • 「先に借金をした人やほかの保証人の財産からお金を回収してよ!」と主張する権利がない(検索の抗弁権がない)

ということになります。

簡単にいってしまえば、連帯保証人とは借金をしていないのに借金しているのと同じようなものなのです。もし借金をした人がお金を返せなくなってしまった場合、連帯保証人が無限に責任をとり、借金の元金や利息も返していかないといけなくなってしまうのです。

よく「連帯保証人には絶対なるな!」といわれるのは、このように保証人にとってあまりにも不利な制度であり、連帯保証人になって損することはあっても、得することは皆無だからなのです。

で團十郎さんはどうなったかというと、約19億円の借金を背負うことになってしまいます。

そして團十郎さんがなくなり、遺産相続をした海老蔵さんが先代の資産とともに借金も相続したというわけなので、海老蔵さんがこの約19億円の借金を背負わされ、返していかなくてはならなくなってしまったのです。

妻・麻央さんの高額医療費問題

これに加え、麻央さんのがん。

特に海老蔵さんは麻央さんのことを最大限気づかっており、

  • 入院する部屋も1泊10万円のセキュリティ&プライバシー保護
  • 先進医療を受けるため、年間3,000万円にものぼる高額医療費

これらの高額の費用をねん出しなければいけないのです。こんな状況なので、海老蔵さんにかかる重圧は想像を絶するものですよね・・・

市川海老蔵さんの屋号「成田屋」も歌舞伎界の宗家といわれ、数百年の歴史を持つ名家であるわけですし、そういったプレッシャーも半端ではありませんし、そのうえで借金問題と奥さんの病気の問題。なんとしてもお金を稼がないといけない、手段を選んでいる場合じゃないという姿勢が見え隠れしますね。

まとめ

市川海老蔵さんの突然のファンクラブ結成と、その背景にある「成田屋」の借金問題、妻・麻央さんの高額医療費の問題についてまとめました。

いずれにしてもとにかく「金を稼ぐ!」という姿勢が丸見えの今回のファンクラブ結成ですが、背景をみてみるともうそんなことに構っていられないという状況のようです。

歌舞伎界に長らく大きな貢献をしてきた「成田屋」なわけですし、ファンクラブのみならず歌舞伎役者としての公演やCM出演、ブログなんかでも頑張っている市川海老蔵さんです。なんとか頑張ってほしいです。

スポンサーリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す