本間朋晃が頸椎損傷?邪道のDDTを受け救急搬送!容態や経歴は?どんな技?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
本間朋晃

ガラガラ声でバラエティでも人気のプロレスラーの本間朋晃選手。

そんな本間朋晃選手が沖縄県立武道館で行われた新日本プロレスの興行で邪道選手のDDTという技を受けて救急搬送されたとのこと。

この記事では本間朋晃選手の容態や経歴、DDTとはどんな技なのか、頸椎損傷か?とささやかれているネット上の反応などをまとめました。

スポンサーリンク

本間朋晃が邪道のDDTを受けて動かなくなり・・・救急搬送

人気プロレスラーの本間朋晃選手が沖縄で行われた新日本プロレスの興行で事故か?

3月3日にお子合われた新日本プロレスのニュージャパン・ロード沖縄那覇大会で、本間朋晃選手が邪道選手のDDT(グリーンキラー)を受けて、動かなくなり緊急搬送され衝撃が走っています。

邪道選手はDDTを受けて動かなくなった本間朋晃選手をフォール(抑え込み)し3カウントで勝利したものの、その後も動かない本間朋晃選手。

トレーナーがリングに入りチェックを行うも、動くことができず・・・

試合終了の12分後に到着した救急隊によって緊急搬送されるという事態に。

本間朋晃の経歴・プロフィール

  • 名前:本間朋晃(ほんまともあき)
  • 愛称:こけし、ザ・こけし
  • 生年月日:1976年11月18日(40歳)
  • 出身地:山形県東根市
  • 所属:フリー
  • 身長:181cm
  • 体重:98kg
  • 歴代トレーナー:アニマル浜口、武藤敬司

本間朋晃選手はガラガラ声でもおなじみの人気プロレスラー。

悪役レスラーながらもその人柄からファンも多く、バラエティ番組にも出演しており、やはりそのガラガラ声がよくネタにされていますね。

どうやら本間朋晃選手の声は試合中にラリアットを喉ぼとけに食らってしまったため、しゃがれ声になってしまったというから、プロレスラーというのは本当に危険な職業なんですね・・・

今回、救急搬送されるに至った技、DDTのやはり危険な技だったんでしょうか・・・?

スポンサーリンク

DDTとはどんな技なのか?

DDT(ディーディーティー)は、wikipediaによると、

プロレス技のDDT(ディーディーティー)は、正対する相手の頭部をフロント・ヘッド・ロックの要領で片脇に捕らえ、そのまま後ろに倒れこんで相手の頭部をマットに叩きつける投げ技である。アメリカ合衆国のプロレスラー、ジェイク・ロバーツが開発し、現在では様々な派生技がある。

wikipedia

ということですが、現地で観戦していたプロレスファンからは、

といったように、技が決まる体勢が悪かったのでは?というような声も上がっています。

本間朋晃の容態は?

本間朋晃選手の容態については詳しい情報は入ってきていませんが、

  • ドクターとは会話できていた
  • 首から下が動かない様子だった

というような報道、現地観戦者の声などがみられます。詳細がわかり次第、随時追記していきますね。

追記①正式に頸椎の負傷という報道が出ましたね!

新日本プロレスは4日、本間朋晃(40)が頸椎(けいつい)の負傷によりドクターストップがかかり、6日の東京・大田区大会を含む大会を欠場することになったと発表した。

本間は3日の沖縄大会の試合中にケガし、試合後に病院に緊急搬送されていた。新日本は今後の復帰時期については未定とし「本間選手の試合を楽しみにしていたファンの皆様には、深くお詫びいたします」としている

本間はコーナーからのダイビング・ヘッドバット「こけし」を武器に活躍。独特のハスキーボイスで、テレビのバラエティー番組に出演するなど人気を博している。

本間の欠場により、本間とタッグを組む真壁刀義は6日の大田区大会で行われる予定だったIWGPタッグ選手権の挑戦を辞退した。これを受けて、新日本のIWGP実行委員会は代役チームとして、天山広吉、小島聡組を挑戦者に指名し、大田区大会で挑戦することになった。

こけし本間朋晃がドクターストップ!試合で頸椎負傷|日刊スポーツ

追記②本間朋晃選手の詳しい容態、復帰への希望も!

新たな報道がありました!やはりケガ自体は重たいものですが、復帰への希望もあるということです!

新日本プロレスは5日、都内の大田区総合体育館で会見を開き、三沢威トレーナー(47)が3日の沖縄大会で首を負傷した本間朋晃(40)の状態について、中心性頸髄損傷であると報告。復帰については「希望は持てると思う」との見通しを示した。

本間は3日の試合で変形DDTを受けて敗れた後に動けなくなり、救急搬送され、現在は沖縄県内で入院中。三沢トレーナーは当時の状況を「意識は最初からしっかりあった。リング上でも会話は可能だった」と説明した。

現在はものを握るなどの動きも見られるなど状態は日に日に良くなっており、手術を行う予定はなく、自力での回復を待つ方針だという。復帰については「希望は持てる」としながらも、「脊椎の場合は回復してみないと分からない。あっという間によくなる場合もあれば、まひが残る場合もある」と具体的な時期は不明とした。

本間は脊髄の固定が確保されるまで沖縄で治療を続けるという。三沢トレーナーは「本人は絶対よくなる。動けるようになってまたリングに戻ると言っている」と、本間が復帰に強い意欲を示していることを明かした。

新日本プロレス、本間朋晃は中心性脊髄損傷 復帰は「希望持てる」|yahoo!ニュース

スポンサーリンク

本間朋晃が頸椎損傷?ネットの反応は?

まとめ

本間朋晃選手・・・

避けられない事故であり、プロレスラーの宿命でもありますが、とにかく大事に至らないことを祈るばかりです。

また元気な姿を見せてほしいですね。

スポンサーリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す