山田千賀子の経歴・出身大学は?逮捕の可能性も?てるみくらぶは計画倒産か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
山田千賀子

格安旅行代理店のてるみくらぶ問題ですが、とうとう破産手続きが開始されましたね。

社長である山田千賀子氏は、

  • 詐欺を働くつもりはなかった
  • 広告費がかさんで資金繰りが圧迫されてしまった

などと取材に答えているようですが・・・

この記事では計画倒産か?という声も上がっている旅行代理店てるみくらぶの代表取締役社長である山田千賀子氏に注目します。

山田千賀子氏の経歴や出身大学、今回のてるみくらぶ倒産は計画倒産だったのか否か、逮捕の可能性などについても調査していきます!

※現在海外に取り残されている方や、高額の宿泊費などの2重支払いを余儀なくされた方の声はこちらです。

スポンサーリンク

山田千賀子の経歴・プロフィール・出身大学

今回、大問題になっている旅行代理店てるみくらぶの破産。

代表取締役社長である山田千賀子氏が謝罪会見を行いましたが・・・

山田千賀子氏の経歴などの情報はほとんど出回っておらず、今回の会見でもほとんど触れられることはありませんでした。(そりゃそうか・・・)

しかし筆者の調査によると、山田千賀子氏は、

  • 元添乗員
  • 26歳の若さでてるみくらぶの役員に就任
  • 31歳で代表取締役に就任
  • (株)自由自在の代表取締役も兼務→この会社も格安旅行代理店

といったような断片的な情報ですね。

ただインターネットを活用した24時間の旅行予約サービスに関しては、てるみくらぶがパイオニアだったようで、そのアイディアを出したのが山田千賀子社長だったという話もあります。

その功績が買われたため、異例の若さでの役員及び代表取締役社長への就任というスピード出世につながったのでは?と考えれば話のつじつまもあってきますね。

山田千賀子の出身大学は・・・?

そんな山田千賀子氏ですが、出身大学なども不明です。

いずれメディアからの取材によって明らかになることと思いますが、少なくとも大卒、もしくは高卒以上の経歴なのではないかと予想されます。

添乗員からのスタートではありますが、たたき上げで出世に現在の地位を確立したことを考えると、学歴はどうかという話は抜きにしても、非常に能力の高い人物であることは間違いなさそうです。

※現在海外に取り残されている方や、高額の宿泊費などの2重支払いを余儀なくされた方の声はこちらです。

てるみくらぶは計画倒産なのか?

1998年に設立されたてるみくらぶは、インターネットを活用した格安旅行代理店の先駆け的存在。

直近決算の平成28年9月期の売上高は195億円とも報道されていますが、なぜ破産するという結果になってしまったのでしょうか?

それについては詳しい報道が出ていますね。

東京地裁から破産手続き開始決定を受けた旅行会社「てるみくらぶ」は3月27日午前、東京都内で記者会見を開いた。山田千賀子代表取締役社長は「私の不徳のいたすところです。誠に申し訳ありませんでした」と謝罪した。また、財務内容が悪化した理由について、「一昨年の春から、新聞広告を打ちはじめたことによって、媒体コスト、経費がかさんだ」などと説明した。

同社の代理人の弁護士は、影響を受ける旅行客数や旅行客に対する負債がどうなるかについて、「かなり精査しているが、はっきりした数字は申し上げられない。正確な数字ではないが、(一般の旅行者に関して)約3万6000件、99億円あまりと試算している」と述べた。負債総額は、計約151億円という数字もあがっているという。

同社の販売したツアーをめぐっては、チケット代金を振り込んだにもかからず、発券できないといったトラブルが起きていた。記者から「詐欺ではないか」と問われると、山田社長は「詐欺をはたらくとか、毛頭考えておりません。お客さまに安くて良い商品をと思ってやってきました」と答えた。

てるみくらぶ社長が謝罪、「詐欺をはたらくつもりはなかった」「広告で経費がかさんだ」|yahoo!ニュース

広告費がかさみ、資金繰りが圧迫された結果、資金ショートに陥ってしまったと考えるべきですね。

また直前まである意味‘‘悪あがき‘‘で営業を続けていたことも相まって、一般の旅行者に対する債務も100億円余りという試算も報道されています。

さあ、そしてやはり計画倒産なのか?という点なのですが・・・

こればっかりは計画倒産だと断言することはできませんが・・・

  • 資金繰りが悪化し資金ショートに陥る可能性が高いにも関わらず
  • 表面上は営業を続け、いくらかの売上代金を確保していた
  • そのうえでホテルや航空会社への支払いは行わずに倒産
  • 破産すれば基本的に債務はチャラになる

ということになります。

このご時世で、それこそ半沢直樹で宇梶剛士さんが演じた‘‘なんとかスチールの社長さん‘‘のように、「売上代金を得て、支払いは履行せずに雲隠れした」というわけではなく、きちんと会見も行ってはいるので・・・

いずれにしても不当にてるみくらぶに入った売上代金が、どこに行ってしまったのかは、今後明らかになっていくことでしょう。

スポンサーリンク

山田千賀子の逮捕の可能性は?

こちらも現時点では何とも言えません。

ただやはり経営状況や資金繰りが悪化しているにも関わらず、ぎりぎりまで通常営業を続け、不当に顧客から売上代金をあげていたというようなことが法的に立証されたとするならば・・・

詐欺罪などでの逮捕も十分にあり得るケースだと考えられますね。

基本的にてるみくらぶの会社での負債、とくに借り入れの場合は、社長である山田千賀子氏が連帯保証人になっている可能性が高いので、会社の銀行借り入れが返済できない場合は、山田千賀子氏の財産も差し押さえられる可能性があります。

よって仮に隠し財産などを海外口座などに移していたようなことが発覚すれば、当初より計画的な倒産だったと捉えられてもおかしくありませんね。

※現在海外に取り残されている方や、高額の宿泊費などの2重支払いを余儀なくされた方の声はこちらです。

てるみくらぶ山田千賀子社長の会見へのネットの反応

まとめ

いかがでしたか?

また山田千賀子社長の詳しい経歴などが明らかになり次第、追記してまいります。

※現在海外に取り残されている方や、高額の宿泊費などの2重支払いを余儀なくされた方の声はこちらです。

スポンサーリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 鞍馬天狗 より:

    会見では涙声だが涙が出ていない!とんだ三文役者・こんな奴は刑務所から出すな!

    1. 鬱リーマン より:

      コメントありがとうございます!
      あなたの声も届けたいので、SNSなどでシェアしてくださるとうれしいです!

  2. TO より:

    山田千賀子は最悪だ。
    倒産覚悟の確信犯的な所業。
    確信犯じゃないとすれば完全な無能経営者。本当の意味において土下座して債権者や採用予定者に謝らない限り絶対に復帰を許すな。

  3. 安達公治郎 より:

    山田千賀子を刑務に入れろ。
    又同じ事をするぜ悪魔

  4. 123 より:

    少ない給料を注ぎ込んで。ささやかな楽しみをと思っていた。24日に電話で振り込めて・・なぜ言ったのか?詐欺だろ!絶対に許さない。

  5. 123 より:

    金返せ 30万円は俺にとって大金だよ

  6. 匿名 より:

    朝鮮系の詐欺師

コメントを残す